JAZZ&ART

アクセスカウンタ

zoom RSS ウエブサイト制作と検索エンジン対策[SEO対策]

<<   作成日時 : 2008/09/30 00:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

1、企業にとって自社のウェブが検索エンジン(goole,yahoo!)の検索結果が上位に(1ページ目)に表示されることが、顧客獲得のキーワードであります。

2、SEO会社
SEO会社は、有料・無料でウェブサイトのページランキングを上げるために、フィルタリング作業などさまざまな思索を駆使しています。しかし、中には、悪質なSEO会社もあります。悪質なSEO会社は、以下のような手法で、検索結果を上げようとします。
隠し文字:サイトと無関係なキーワードを大量に埋め込む行為(sexなど)や背景色と同色で記述する、サイトと関係のない地名を大量に記述するなどの隠し文字は使ってはいけません。
意味の不明なリンク:内容と関係のないリンクを設けたり、リンクのみのページを作成したり、小さな画像に隠しリンクを張る
これらは、クローキングと呼ばれています。
アフィリエイト:報酬を払うという提示で、大量のリンクを張る行為は、実際には報酬はほとんど払われず、リンク目的であると言われています。
無料アクセスカウンタ:カウンタのタグに、URLを記述する行為は、リンク目的と言える
リンク買収も1つの手法です。
Googleやyahoo!以外への無名の検索エンジンへのリンクを検索スパムと呼んでいます。
しかし、これは、検索エンジンにライバル業者が現れないための独占であるといわれています。
悪質な不適切なホームページの最適化を行い、それが返って検索結果にマイナスになることもあります。たとえば、ドイツのBMWとリコーのウェブサイトは、javascriptにリダイレクトを行うようなスパム行為や日本でもサイバーエージェント系列のホームページがスタイルシートに大量の隠しリンクをページ内に埋め込むなど、それらの行為の結果、ペナルティーとして検索対象から除外されてしまいました。
このように検索結果から除外されることをGoogle村八分と言います。しかし、スパム行為が無いにもかかわらずgoogle村八分になっている例もあり、裁判にもなっています。

3、適切なウェブサイトの最適化の手法
適切なキーワードをタイトルやページ先頭に持ってくるのが基本的な手法です。
ウェブページ利用者は、キーワードで情報を探します。製品やサービスを比較しながら探しますから、製品の固有名詞ではなく、一般名称で記述したり、特定の機能名ではなく、一般的な機能名で記述するのが適切なキーワードと言えます。
多くの検索エンジンは、ページにどれだけ他のページにリンクが張られているかを検索結果とします。
また、スパイダーはコンテンツのハイパーリンクを回廊するので、「サイトマップ」を作成するのも、1つの手法です。
HTMLの最適化も必要です。重要なキーワードは、タグで囲むと良いでしょう。H1要素(スタイルシートによる装飾)を使えば、重要なキーワードとして認識されます。
SEO行為は、当初、スパム行為と言われていた時期があります。しかし、検索エンジン会社とSEO会社は、2000年前半には、、相互に協力しています。

関連情報
http://www7b.biglobe.ne.jp/keishi_k/designing/index.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウエブサイト制作と検索エンジン対策[SEO対策] JAZZ&ART/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる