JAZZ&ART

アクセスカウンタ

zoom RSS Photosopと画像加工

<<   作成日時 : 2008/08/29 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

Potoshopの4回目、今日は、画像加工です。
Photosopの今の最新バージョンは、CS3。
私のMACは、G4。バージョンは、CS2です。
フィルタを適応すると、
画像が絵のようになったり、
幻想的になったり、
さまざまな加工ができます。
フィルタをいじって、画像を加工してみましょう。

1、画像を部分的に絵画調にする
(1)アートストリートブラシツールを選択して、オプションバーのブラシプリセットでサイズや形を選び、スタイルを選ぶ
(2)画像の絵画調にしたい部分をドラックする

2、画像を丸く変形する
(1)フィルタメニューから変形→極座標を選択する
(2)ダイアログが表示され、直交座標を局座標にチェックを入れ、OKをクイックする

3、画像を自由変形する
(1)フィルタメニューからゆがみを選択する
(2)ゆがみダイアログボックスが表示されるので、ツールオプションでブラシサイズやブラシの密度などのツールの設定をする
(3)プレビュー画像を、クリック・プレス・ドラックすると、画像が自由に変形でき、よければOKをクイックする

4、画像の一部を自由に変形する
(1)フィルタメニューからゆがみを選択する
(2)ゆがみダイアログボックスが表示されるので、ツールオプションでブラシサイズやブラシの密度などのツールの設定をする
(3)マスクツールで画面をドラックする。修正したい場合は、マスク解除ツールでドラックする
(4)OKをクイックすると、マスクされた部分が変形される

5、画像を旗のように変形する
(1)選択メニューからすべてを選択を選び、編集メニューから変形→ワープを選択
(2)オプションバーのワープの旗を選択する
(3)オプションバーのカーブを設定、水平方向のゆがみを設定、垂直方向のゆがみを設定し、変形を確定する○ボタンをクイックする

6、画像をグリットを使って変形する
(1)選択メニューからすべてを選択を選び、編集メニューから変形→ワープを選択
(2)オプションバーのワープの旗を選択する
(3)グリットが表示されない場合は、自由変形モードとワープモードの切り替えボタンをクイック
(4)グリットをドラックすると、画像が変形する。グリットの交差点をドラックすると、2つの線を同時に変形できる。さらに、四辺のポインタやハンドルをドラックしても変形できる
(5)よければ、変形を確定する○ボタンをクイックする

7、画像を数値を使って変形する
(1)選択メニューからすべてを選択を選び、編集メニューから変形→ワープを選択
(2)オプションバーのワープの旗を選択する
(3)グリットが表示されない場合は、自由変形モードとワープモードの切り替えボタンをクイック
(4)オプションバーの左の基準点の位置ボタンをクイックし、基準点の水平位置を設定と基準点の垂直位置を設定に数値を入力する
(5)となりの、水平比率を設定と垂直比率を設定に数値を入れ、縦横比固定ボタンをクイックする。必要におおじて回転・水平方向のゆがみを設定・垂直方向のゆがみを設定にも数値を入れる
(6)よければ変形確定する○ボタンをクイックする

8、画像の中に逆光を入れる
(1)フィルタメニューから描写→逆光を選択
(2)ダイアログが表示されたら、プレビューの画面をクイックし、逆光の位置をクイックする
(3)明るさとレンズの種類を選んで、OKをクイックする

9、画像にフィルタを適応
(1)フィルタメニューから適応したいフィルタを選ぶ
(2)ダイアログが表示され、プレビュー画面を設定し、よければOKをクイックする

10、ぼかしのフィルタを使う
(1)フィルタメニューのぼかしから適応したいものを選ぶ
(2)ダイアログが表示され、半径を入力し、OKをクイックする

11、中心から周囲に向かってぼけるぼかし(レンズ)を使う
(1)背景をコピーして、レイヤーを複製する
(2)レイヤーマスクを追加→すべての領域を表示を選択し、レイヤーマスクを作成する
(3)ツールボックスからグラデーションツールを選択し、オプションバーでグラデーションの種類を選択後、画面をドラックする
(4)コピーレイヤーを選択後、レイヤーのサムネールをクイックする
(5)フィルタメニューからぼかし→ぼかし(レンズ)を選択後、ダイアログのソースをレイヤーマスクにして、設定の入力し、OKをクイックする

12、アーティスティックフィルタを使う
(1)フィルタメニューのアーティスティクから適応したいフィルタを選ぶ
(2)ダイアログが表示され、プレビュー画面を見ながら、設定を入力後、OKボタンをクイックする

13、スケッチフィルタを使う
(1)描画と背景のカラーを設定して、フィルタメニューのスケッチから適応したいフィルタを選択する
(2)ダイアログが表示され、プレビュー画面で確認しながら、設定を入力後、OKボタンをクイックする

14、テクスチャフィルタを使う
(1)フィルタメニューのテクスチャから適応したいフィルタを選ぶ
(2)ダイアログが表示され、プレビュー画面で確認しながら、設定を入力後、OKボタンをクイックする

15、ノイズフィルタを使う
(1)フィルタメニューのノイズから適応したいフィルタを選ぶ
(2)ダイアログが表示され、プレビュー画面で確認しながら、設定を入力後、OKボタンをクイックする

16、シャープフィルタ
(1)フィルタメニューのアンシャープマスクから適を選ぶ
(2)ダイアログが表示され、プレビュー画面で確認しながら、設定を入力後する
(3)適量150%から200%、半径1から2、しきい値1から20を入力して、OKをクイックします
(4)画像がシャープになりました

17、ピクセレートフィルタを使う
(1)フィルタメニューのピクセレートから適応したいフィルタを選ぶ
(2)ダイアログが表示され、プレビュー画面で確認しながら、設定を入力後、OKボタンをクイックする

18、ブラシスクロークフィルタを使う
(1)フィルタメニューのブラシスクロークから適応したいフィルタを選ぶ
(2)ダイアログが表示され、プレビュー画面で確認しながら、設定を入力後、OKボタンをクイックする

19、変形フィルタを使う
(1)フィルタメニューの変形から適応したいフィルタを選ぶ
(2)ダイアログが表示され、プレビュー画面で確認しながら、設定を入力後、OKボタンをクイックする

20、描画フィルタを使う
(1)フィルタメニューの描画から適応したいフィルタを選ぶ
(2)ダイアログが表示され、プレビュー画面で確認しながら、設定を入力後、OKボタンをクイックする

21、雲模様フィルタを使う
(1)フィルタメニューの雲模様から適応したいフィルタを選ぶ
(2)ダイアログが表示され、プレビュー画面で確認しながら、設定を入力後、OKボタンをクイックする
(3)イメージメニューから色調補正→色相・彩度を選択し、ダイアログが表示されるので、色彩の統一にチェックを入れ、スライダをドラックして、色を変え、OKをクイックする

22、表現手法フィルタを使う
(1)フィルタメニューの表現手法から適応したいフィルタを選ぶ
(2)ダイアログが表示され、プレビュー画面で確認しながら、設定を入力後、OKボタンをクイックする

23、3Dトランスフォームフィルタを使う
(1)(1)フィルタメニューの3Dトランスフォームから適応したいフィルタを選ぶ
(2)ダイアログが表示され、プレビュー画面で確認しながら、立方体ツール・球体ツール・円柱ツールから適応したいツールを選ぶ
(3)多角形回転ツールでプレビュー画面をドラックし、よければOKボタンをクイックする
(4)また、オプションボタンをクイックし、背景を表示にチェックをはずすと、背景が黒になる。レイヤーがある場合は、下のレイヤーが表示される

24、フィルタを重ねて適応する
(1)フィルタからフィルタギャラリーを選択して、ダイアログを表示し、適応したいフィルタを選ぶ
(2)あたらしいフィルタを選ぶ、適応する
(3)よければ、OKをクイックする

関連情報
http://www7b.biglobe.ne.jp/keishi_k/designing/index.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ 店舗
Photosopと画像加工 JAZZ&ART/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 店舗
2013/07/03 18:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Photosopと画像加工 JAZZ&ART/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる